旅の仲間の一人として、心強いパートナーとなってくれる

旅行しているときにカメラがあると楽しさと充実感が倍増します!

なんという孤独感であり、同時に頼りになるライカでしょう。しかも、旅行を計画したあの晩といま共通して認識できるものは、この思考する体とライカ。これだけが共通項なのは、なんと不思議なことでしょう。世界の果てまで旅行する、あたしとライカ。つまり同行二人。過去の40年の時間経過。家人と結婚して以来の時間よりも、ライカと一緒にいる時間の方がずっと長いという事実。ライカにうっとりする最大の秘密は、旅へのいざないと、いま、ここにいることが実は「旅の途中なのではないか」と自分を覚醒させてくれることにあります。正岡子規の写真観。

正岡子規の病床の日記をみていて面白いのは、子規の世界は確かに病室の6畳間がすべてには違いないのですが、そこで俳句を作り手紙をしたためることで、その世界が無限に伸びていることです。子規というと誰もが文字の人と思ってしまうわけですが、子規は文字世界の冒険者であるばかりか、視覚世界の冒険者でもありました。特に亡くなる直前まで描き続けられた「草花帳」と「果物帳」は圧巻です。

僚友の夏目漱石にいわせると「子規は絵が下手」とありますが、あたしの見方からすると、むしろ漱石の描いた「猫」の絵の方が、その描き方が写生から逸脱している。つまり漱石の描いた絵はまさに「文人の戯れ」であるのに対して、子規の描くのは世の中一般の絵画のスタンダードに達している感じをもちます。この間、サンクトペテルブルクはエルミタージュ美術館の「ラファエロの回廊」を歩行していたとき、その壁面に描かれた精密な筆致の草木とか鳥獣をみて、「これはなにかと関係があるな……。
弊社自信の一品の写真を使って、購買意欲をそそるポスターを作ろうということになり、そのために商品撮影をしてくれるプロを近々お呼びすることが決まりました。
七五三の写真だったら、小岩にある七五三 写真が一番いいと思います。着物などのレンタル衣装がかなりたくさん揃っていて、すべてホームページで選べます
一度試しにオンデマンドの印刷サービスを注文してみたところ、非常に早く、価格も安く、良い品物が届いたので今後はこのサービスを利用していこうと決めました。


空気感とは何でしょうか?撮影した画像の中に「たゆとうている、ある視神経への刺激」であって、その刺激はきついものではなく、むしろ、みる者をリラックスさせる、ある要素であるのですが、それがみえる人とみえない人がいるというのは、前述の子規の例で申し上げた通りです。

レンズの性能表に出ていない、しかも数値にならない描写の要素であって、その「懐かしさと空間の奥行きを感じさせる」のが「レンズの空気感」であると、ここでは仮にいっておきましょう。あたしの最高だと思うレンズは「空気感の描写のある無名レンズである」という言い方はそのまま「あたしの究極のブランドレンズはブランドと無関係な空気感を描写するレンズである」という風に言い換えることもできます。

What's New
2013/08/14 注目情報を更新しました。
2013/08/10 新着記事を更新しました。
2013/08/09 発展的に解散を更新しました。
2013/08/06 エリートレンズを更新しました。
2013/08/04 ステレオ茶会を更新しました。
2013/08/02 写真を立体視を更新しました。
2013/08/01 旅行しているときにカメラがあると楽しさと充実感が倍増します!を更新しました。
2013/07/29 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
カメラのキタムラJ-カメラカメラライフ
年賀状や写真印刷・デジカメ印刷はカメラのキタムラにおまかせ。大切な写真を丁寧に扱ってくれます。中古カメラ・中古レンズの専門店。気になるあのプレミアム商品やビンテージ物も大量にあります。オーストラリアのシドニーに在住のフォトグラファーの方の作品紹介や写真、ブログなどを公開しています。